香炉を炊く

亡くなった方を想う時、香炉を炊きます。選んだ香りが部屋中を満たし、静かにその方を想い、そのご家族を想います。今年も何度もこの香炉に火を入れました。今日は幼なじみの友だちのお父さんを想って、炊いています。死生観は人それぞれですが、私は亡くなった方の魂は天に昇って、帰るところに帰ったと思いたいです。魂は永遠でいつか又逢える…だから、逢えた時に笑顔でよく頑張ったと褒めてもらえる生き方を目指しています。お香は炊き終えた後も残り香がふう〜っと香り、その度に想いを繋ぎます。今日のしんみり天気も今の境地には悪くない…。

Featured Posts
Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Search By Tags