読書でスタート

January 4, 2018

 子ども達が東京へ戻って行き、仕事を始める前に気になっていた本を読みました。昨年の秋、娘からお父さんをずっと思い出しながら読んだと言う本です。末期でがんが見つかり、1年と少しの最後の時間をがんと闘いながら、それまで通りの生活を大事に生き続けた平尾誠二さんが夫と重なり、家族構成から、その時子どもが海外で生活していた事とか、おひげのはやし方とかいろいろと似ている事もあって、もう1度夫との最後の1年を思い出しながらの読書になりました。1年のスタートに良かったかなと思います。

 

Please reload

Featured Posts

ショップ全体

April 16, 2015

1/2
Please reload

Recent Posts
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Please reload

Search By Tags

November 13, 2019

October 28, 2019

August 20, 2019

August 15, 2019

August 5, 2019

July 30, 2019

July 28, 2019

Please reload